川崎聖風福祉会案内

地域に根ざした福祉事業

本法人は昭和43年に法人格を取得した後、生活保護法に基づく救護施設を中核としながら、介護保険法、障害者総合支援法に基づく各種自主事業、更には川崎市から指定管理制度及び管理運営委託として養護老人ホームやホームレス自立支援事業を受託するなど、多種多様な事業を展開してまいりました。
それらの事業を総合的に実施することにより地域における公共的、基幹的福祉資源としての役割と責務を果たしてまいります。役割と責務を果たしてまいります。

基本理念

個人の尊厳
本法人は、福祉サービスを利用する個人の尊厳の保持を基本に、ご利用者が心身ともに健やかに日々を過ごすことができるよう適切なサービスの提供に努める。
地域福祉のネットワーク
本法人は、地域社会における公共性、基幹的な社会資源であることを常に念頭に置き、地域の福祉ネットワーク構築の拠点的役割を果たすよう努める。
多様なサービスの開発
本法人は、地域社会を構成する一員として地域住民が日常生活を自立的に営むことができるよう、必要とされる多様なサービスの開発と提供に努める。
職員の資質向上
本法人は、良質で多様なサービスの継続的な提供を図るため、職員の資質の向上をはじめ勤務条件、施設整備など良好な環境の整備に努める。
社会的義務
本法人は、基本理念に基づく各種事業を誠実に実施することにより、地域社会を構成する一員としての社会的責務を果たすことに努める。
  1. 聖風福祉会の頭文字Sを自立への道(途)をイメージして表しました。

  2. 利用者が自立という道(途)の方向に向かって明るい未来(道(途)・木(自然)・太陽)に歩んでいくことに願いをこめました。