川崎聖風福祉会案内

理事長挨拶

理事長 写真
社会福祉法人 川崎聖風福祉会
理事長 磯上 充

社会福祉法人川崎聖風福祉会は、現在、救護施設、高齢者施設、障害者施設など、15の事業所を運営していますが、昭和29年に低所得者宿所提供事業を受託運営するために創設された財団法人を前身とします。

昭和43年に社会福祉法人格を取得し、その後の高齢者や障害者福祉の制度改正や取り巻く環境の変化に対応しながら、「地域のために、地域とともに」を念頭に、さまざまな分野に幅広く取り組み、事業展開を計ってきました。

近年は、地域における福祉ニーズも多様化・複雑化し、単独での支援では立ち行かないケースも増えてきていることから、幅広い事業分野を経験し、あらゆるニーズに対応できる職員が求められてきています。

勿論、人を育てることは一朝一夕でできるものではありませんが、法人の事業特性を生かしながら、福祉のプロフェッショナルが一人でも多く育ってくれることを願い人材育成に取組んでいます。

また、当法人はまだまだ、地域の要望に全て応えられるだけの法人ではありませんが、地域が求めているものを一緒に考え、地域とともに歩んでいける法人でありたいと考えています。