川崎聖風福祉会案内

沿革history

昭和29年10月 「財団法人神奈川県福祉協会」創設。神奈川県の委託事業として、低所得者宿泊施設「東神奈川ホーム」「川崎臨港苑」の運営を開始
昭和43年5月 社会福祉法人格を取得し社会福祉法人神奈川県福祉協会となる。神奈川県の委託事業として第二種宿泊事業の運営を開始。
平成4年4月 初期目的が達成されたとして、神奈川県と川崎市の協議により社会福祉法第1種社会福祉事業の生活保護法に基づく救護施設に事業を転換。併せて、川崎市の委託事業として在宅障害者デイサービス事業、在宅老人デイサービス事業を実施し、施設名をノーマ・ヴィラージュ聖風苑とした。
平成12年4月 介護保険法施行に伴い、新たに指定居宅介護支援事業所の運営を開始
平成16年6月 川崎市の委託事業として川崎市ホームレス緊急一時宿泊施設の運営を開始
平成17年3月 東神奈川ホームが役割を終え閉鎖
平成17年4月 法人名を社会福祉法人川崎聖風福祉会へ改称
平成18年4月 川崎市の指定管理者として、養護老人ホーム川崎市恵楽園、併設のデイサービスセンターおよび居宅介護支援事業所の運営を開始。また、委託事業として、川崎市就労自立支援センター事業を開始
平成19年3月 共同生活介護(ケアホーム) 聖風ホーム1号館開設
平成20年4月 川崎市の指定管理者として、社会復帰訓練所就労支援事業所あやめの運営を開始
平成20年6月 共同生活介護(ケアホーム) 聖風ホーム2号館開設
平成21年3月 川崎市ホームレス緊急一時宿泊施設愛生寮が5年間の役割を終え閉鎖
平成21年10月 川崎市の委託事業として、地域活動支援センター及び、川崎市南部・中部住宅手当相談センターの運営を開始
平成23年3月 川崎市の委託事業として川崎市就労自立支援センター別館の運営を開始
平成24年4月 障害者生活介護事業所いけがみ分館を開設
井田重度障害者等生活施設準備室(名称:桜の風)を開設
平成25年4月 川崎市の指定管理者として、桜の風もみの木の運営を開始
かわさき基幹相談支援センター(旧:障害者生活支援センター)の運営を開始
もとすみ地域相談支援センターの運営を開始
平成25年5月 川崎区障害福祉サービス事業所の開設に向けて、田島施設準備室を開設
平成25年9月 川崎市南部・中部住宅支援給付相談センターの委託業務終了
平成26年3月 共同生活介護(ケアホーム) 聖風ホーム3、4号館開設
平成27年3月 川崎市自立支援センター日進町・渡田(旧:川崎市就労自立支援センター本館・別館)委託業務終了
平成27年4月 井田地域生活支援センター事業所の開設に向けて、井田地域生活支援センター準備室を開設
平成27年11月 共同生活援助(グループホーム) 聖風ホーム5・6号館開設
平成28年3月 障害者生活介護事業所いけがみ閉鎖
障害者生活介護事業所第2いけがみ閉鎖
平成28年4月 井田地域生活支援センターはるかぜの運営を開始
かわさき障害者福祉施設たじまの運営を開始
平成29年3月 もとすみ地域相談支援センター 委託業務終了
平成29年4月 なかはら基幹相談支援センターの運営を開始