施設だより

施設だよりLetter of facilities

2018年09月03日

マイクロバスが走る。(清水基金助成車輌)

マイクロバスが走る!

 

 

 

     平成30年年8月、待望のマイクロバスが納車され、早速9月から毎日、通所事業の送迎

に活躍しています。

 このバスは、通所事業のご利用者が年々増加し、日々の送迎が難しくなったことから、

昨年、障害のある方々の福祉向上のために様々な助成事業を行っている「社会福祉法人清水

基金」に申請したものが認められ購入できたものです。

 バスの運転は、専門の事業者の方にお願いし、添乗する職員はご利用者の方々とゆったり

接することができるようになり、社内で楽しそうにしているご利用者の姿が印象的でした。

 今後は、当施設で実施している日中預かり事業に通ってくる障害のお持ちの子どもたちの

遠足等の外出にも利用し、たくさんの笑い声をバス中に響かせたいと思います。

 マイクロバスは大切に使わせていただきます。

社会福祉法人清水基金さま、本当にありがとうございました。

                                  職員一同

 

            

 

     社会福祉法人清水基金

昭和41年、清水建設株式会社社長清水康雄氏の「同族四家の共有財産を社会に還元して、心身障害者の福祉向上に尽くしたい」という強い思いと、その趣旨に賛同いただいた方々により発足。障害のある方々の福祉増進を図ることを目的とする幅広い助成事業を行っている。