T・K さん
キャリア採用
2018年入職
かわさき障害者福祉施設 たじま
支援職
T・K さん
この法人で“福祉の奥深さ”を知り、
福祉の仕事が大好きになりました。
T・Kさん
現在の仕事内容
こちらの施設では、通所でいらっしゃる障がい者の方の介護、機能訓練、レクリエーション、生産的活動や地域活動などの、日中活動を行なっています。私は、支援職として、主に、利用者さまの日中活動と、食事、排泄の介助、入浴の援助などをやらせていただいています。障がい者の方の特性もいろいろあり、大きく4つのグループに分かれているのですが、私は主に知的障がいの方、特に自閉症の方をメインに支援をさせていただいています。
T・Kさん
入社の経緯
もともと地元・大阪で障がい者の生活介護の仕事をしていましがたが、大学で学んだ舞台芸術の仕事を経験してみたいという思いから上京し、他企業に就職。しかし、自分には合わず退職しました。その後、やはり介護の仕事に興味があったため、福祉の仕事に復帰。こちらの法人の事業の幅の広さや、とくに児童を対象とした福祉事業も行なっていることに魅力を感じ、入社を決めました。
T・Kさん
仕事のやりがいや魅力
大阪でも福祉の仕事を経験していたので、「自分はやっていけるだろう」という軽い考えが一転。最初に配属された部署が重度障がい者のグループだったのですが、これまで自分自身が経験したことが全く通用せず、右も左も分からなくなってしまいました。その時初めて、「福祉って奥が深いな…」と実感したんですね。その奥深さがこの仕事の魅力に思えましたし、この仕事をこれからも続けていきたいと思うきっかけになりました。
  • 職場の環境
    この施設は設立して3年ほどですので、建物も新しくきれいです。また、職場の雰囲気もとても明るく、職員同士とても仲が良いのもいいところです。福利厚生や労働条件もしっかりと整っているので、安心して働けますよ。
  • 入社を検討している方へ
    ぜひ「福祉に少しでも興味があるのなら、一度やってみようよ!」と言いたいです。福祉の世界を全く知らない方、未経験の方は初め不安だと思いますが、ここ、かわさき障害者福祉施設 たじまは、優しい方ばかりですし、しっかりサポートしてくれます。しかも、この法人なら、障がい者福祉に限らず、いろいろな福祉に関わることができます。さまざまな学びがあり、やりがいも大きいですよ。迷っているなら、ぜひ飛び込んできてください!