• 誰もがこころ豊かに<br />
この街で暮らすために
    誰もがこころ豊かに<br />
この街で暮らすために
    誰もがこころ豊かに
    この街で暮らすために
  • いま、ここで、<br />
わたしたちにできること。
    いま、ここで、<br />
わたしたちにできること。
    いま、ここで、
    わたしたちにできること。
  • 「自分らしくありたい。」<br />
その思いに応えるため。
    「自分らしくありたい。」<br />
その思いに応えるため。
    「自分らしくありたい。」
    その思いに応えるため。
  • わたしたち、<br />
社会福祉法人川崎聖風福祉会が<br />
お手伝いします。
    わたしたち、<br />
社会福祉法人川崎聖風福祉会が<br />
お手伝いします。
    わたしたち、
    社会福祉法人川崎聖風福祉会が
    お手伝いします。
川崎聖風福祉会とは?
About us
昭和43年に法人格を取得した後、生活保護法に基づく救護施設を中核としながら、介護保険法、障害者総合支援法に基づく各種自主事業、更には川崎市から指定管理制度及び管理運営委託として養護老人ホームやホームレス自立支援事業を受託するなど、多種多様な事業を展開してまいりました。
社会福祉法人 川崎聖風福祉会
社会福祉法人

社会福祉法人川崎聖風福祉会は、「かわさきSDGsパートナー」に登録しています。

SDGsとは、

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(Leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。(外務省ホームページより)

Facility

  • 高齢者支援施設

    高齢者支援施設

    経済的理由や環境上でお困りの方への養護老人ホームや日帰りで利用できるデイサービスセンター・住み慣れた地域で皆様ができる限り自立した生活を送って頂けるよう訪問介護事業所(川崎区)を運営しています。

  • 障害者支援施設

    障害者支援施設

    障害の種別に関係なく、社会の一員として生活できるよう、生活介護、短期入所、自立訓練、就労支援、地域移行と大人から児童まで社会的自立や社会参加につながる支援をしています。

  • 相談支援施設

    相談支援施設

    障がいや疾病をお持ちの方が福祉サービスを利用して地域で生活が送れるよう無料で相談。また介護保険法では介護が必要な方が自宅で適切なサービスを利用できるようにケアプランを作成しています。

Letter

はるかぜ通信 令和3年12月号を掲載しました。ぜひご覧ください。
中部地域生活支援センターはるかぜ
はるかぜ通信 令和3年12月号を掲載しま...
『あやめ通信 令和3年冬号』を掲載しました。ぜひご覧ください。
社会復帰訓練所 就労支援事業所あやめ
『あやめ通信 令和3年冬号』を掲載しまし...
「災害時避難訓練」を実施しました。ぜひご覧ください💗
かわさき地域生活支援拠点 たじま
「災害時避難訓練」を実施しました。ぜひご...

Recruit